韓国人と出会い作り・国際婚活と国際結婚の情報サイト

日本のマスコミがだす韓国の情報は正しいこともあり間違ったこともあります。正しい韓国人に関する情報を得ながら、韓国人の彼氏と出逢うコツや国際婚活をするための国際交流パーティーやイベントを公開しています。韓流スターのような韓国人と結婚できるといいですね。

すでに韓国人と国際結婚した人から学ぶ、結婚する前に考えてみるべきポイント

f:id:francerenai:20180416195720p:plain

 

韓国人男性といってもすでに日本の生活に慣れ親しんでいて、日本の習慣と同様に在日の人たちなら、国際結婚してもさほど問題ないのかもしれません。そういう声も聴きます。

 

しかし日本には1年ほどの留学経験しかなく、韓国在住の韓国人や、結婚してから韓国をベースに生活をすることがもう決まっている日本人女性にとっては、ちょっと過酷な生活がまっていると予想がついてしまいます。

 

好きな人と一緒に生活することができるのはとっても幸せなことだと思う。

 

だけど今まで生活の仕方が違う他人といっしょに過ごしていくこと自体すごく努力がいるもの。日本人同士の夫婦だって最初は2人の歩み寄りが重要なことになります。

 

同じ国で慣れ親しんでいる習慣の中にいるのにいっしょに暮らすとなるといろいろなトラブルや不満がでてくるもんなんですよ。

 

だから国が違うだけで国際結婚って考えている以上に大変なことです。

 

メリットも多いけどデメリットも多い国際結婚。だから軽はずみな決定は避けてほしいなという想いで情報を公開しています。


韓国人と国際結婚となると、住む国によってどちらかが外国人となります。外国人とな配偶者が暮らす国の習慣に「かなり」適応させていくことが必要です。半端ない我慢が必要なんですよね。

 

よく言われている「義両親とのかなり精神的に疲れる付き合い方」。

 

f:id:francerenai:20180416195924p:plain

 

今日本ではごく一部の男性だけじゃないかな?こんな考え持っている人。そんだけ経済力も生活力も軟弱な男性が増えているし。女性も社会進出ができていて、独りでも十分生活できる経済力をもてる国だから男性なんていらないかも(笑)。

 

f:id:francerenai:20180416194246p:plain

https://wakuwork.jp/archives/6224

 

 

国際結婚して韓国で生活する最初の「言葉の壁」は予想をはるかに超える

f:id:francerenai:20180416200058p:plain

 

また言葉の壁もそうとうな重荷になります。韓国語で気持ちが通じるほど話せれば問題ないのですが。

 

普通に買い物するのも困っちゃうんですよね。

日用品が故障して電気屋さんを読んだり、子供がいたら子供の学校の宿題見たり、授業参観にいったり、いろいろ「現地の言葉」でやりとりをすることが日常茶飯事。

 

そんな時どうしますか?いつも誰かにヘルプを求められますか?

 

旦那さんだけが頼りでも日中は仕事していて、そんな些細なことでいちいち電話してトラブルに対処してもらうわけにもいきませんよね?

 

(私自身、フランスに留学した1年目は話すこともできないし、フランス人が仏語で何かいってもさっぱりわからない状態で、自分の住むアパート探して契約したり、電話回線をいれたり、ガス・電気の契約したり、と全てフランス語で電話でしなければなりませんでした。

 

最初は話が通じないから、相手から電話を切られてしまったり。ほんと、誰も助けてくれなくて涙出てきましたよ・・。何度も。)

 

 

こういう言葉の「話せない、言ってることが分からない、聞き取れない」という言葉の壁でコミュニケーションがとれないという問題は日本人同士だと生じませんよね?

 

やはりこの2つの問題を考えてもよほどの覚悟が国際結婚には必要になります。だから韓国人と国際結婚したいと抱いている人も、

 

最初から韓国人と婚活するのではなく、友達作りからスタートさせるのがいいのじゃないですか?