韓国人と出会い作り・国際婚活と国際結婚の情報サイト

日本のマスコミがだす韓国の情報は正しいこともあり間違ったこともあります。正しい韓国人に関する情報を得ながら、韓国人の彼氏と出逢うコツや国際婚活をするための国際交流パーティーやイベントを公開しています。韓流スターのような韓国人と結婚できるといいですね。

韓国人と国際結婚した人の苗字変更はどうなるの?

日本の法律では、国際結婚も夫婦の姓が変わることはありません。

 

 

f:id:francerenai:20150824165735j:plain

 

 

韓国人男性との結婚だけでなく、欧米人との結婚でも、婚姻届を提出しただけでは姓は、性別に関係なく結婚前と同じままです。

 

 

しかし、結婚したら相手の国籍がどこでも、姓を相手のものに変えたいと希望する女性はたくさんいますし、1つの家庭を築いていくうえで、同じ姓になることは気持ちの上でも「結婚した」という実感を持つことができるというメリットがあります。

 

 

国際結婚をした場合の改姓方法は、それほど難しくありません。相手の姓は、日本語の常用漢字に使われている漢字の場合にはそのまま使うことができますが、常用漢字でない場合や、英語のような場合には、カタカナ表記されることになります。

 

 

例えば結婚するお相手の韓国人姓が「王」の場合、この漢字は日本では常用漢字として使用されていますから、そのまま改正後の姓として使用することができます。

 

 

ただし、婚姻手続において「王」を中国読みの「ウォン」とか「ワン」とカタカナ表記で記載した場合には、戸籍上の改姓では婚姻手続で使われたカタカナ表記の姓がそのまま使われることになります。

 

 

ただ韓国では結婚しても夫婦別姓が普通なので、結婚を理由に苗字は変える必要は特に必要ないです。

 

 

ただし、日本で暮らしたいと希望する韓国人男性であれば、日本における韓国人への偏見や差別を避けるために「日本の苗字」へ改姓を希望する場合があります。

 

 

夫となる韓国人とよく話し合うこと。

実際問題として日本における「韓国人への差別」はあるので・・・。

 

 

 

 

韓国人と国際結婚して韓国姓に改姓するときは要注意

 

 

f:id:francerenai:20150824165651j:plain

 

 

国際結婚で改姓することは、決して珍しいことではありません。

 

しかし、改姓することによって、生まれてくる子供の姓も外国姓になってしまう事は理解しておきましょう。

 

 

又は欧米人の苗字でも今日は問題はないです。

 

ただ発展途上国や日本以外のアジア系の苗字になると、社会的差別が日常生活に加わる恐れがなるのでご注意してください。

 

(とても悲しいことですが、事実です。)

 

 

 

今現在の気持ちだけでなく、将来の子どもやその子供のことまで考えたうえで改姓するかどうかを決めることが大切です。

 

 

f:id:francerenai:20150824165937j:plain

 

 

 

また、国際結婚では複合姓〔ダブルネーム〕も認められています。

 

山田花子さんという名前の女性が韓国人の王さんと結婚する場合には、このダブルネームを使用すると「王・山田・花子」と言う氏名変更をすることができます。

 

 

結婚後の姓を相手のものにかえて「王・花子」になる場合には、婚姻した日から6か月以内なら市役所の窓口で氏名変更届を提出することで受理されます。

 

 

ダブルネームを使用したい場合には、家庭裁判所に申し立てを行って許可してもらうことが必要となります。

 

 

申請する理由によって判断されるので、国際結婚なら必ずしもダブルネームが認められるというわけではないことをあらかじめ理解しておきましょう。

 

 

国際結婚で改姓すると、戸籍謄本では今までの旧姓に線が引かれて、その横に新しい姓が記載されることになります。

 

 

f:id:francerenai:20150824170113j:plain

 

 

どんな姓からどんな姓に変わったのか、その履歴もきちんと表示されています。

改姓をした後で、本当に改姓ができているかどうか、一度自分の戸籍謄本をとりよせたほうが安心です。

 

 

個人的ですが、私が外国人夫と結婚した時は、夫婦別姓を希望したので、私の日本の戸籍に主人が付随されるという書き方でした。

 

 

ただ新しい戸籍の住所を当時住んでいる市に新たに移す申請をしたのですが、市役所の手違いで古い戸籍のある管轄の市役所で、戸籍が新たに作られてしまったという市役所のミスがあります。

 

 

役所の処理を信用せずに、必ず謄本をとりよせ、自分自身で新しい戸籍を確認することをおすすめします。