韓国人と出会い作り・国際婚活と国際結婚の情報サイト

日本のマスコミがだす韓国の情報は正しいこともあり間違ったこともあります。正しい韓国人に関する情報を得ながら、韓国人の彼氏と出逢うコツや国際婚活をするための国際交流パーティーやイベントを公開しています。韓流スターのような韓国人と結婚できるといいですね。

韓国人男性と国際結婚・・・。親の悩みや結婚後の韓国人夫の豹変にはご注意!

f:id:francerenai:20150820164941j:plain

 

韓国人と国際結婚して日本に住むにも韓国に移住するにも悩みはつきない。

 

国際結婚も欧米人と違い、韓国人男性との結婚は反対する日本人の親も多い。

 

当然、反日感情というのが韓国人側にありますから、韓国人と結婚したところで、日本人に対する対立は消えません。

 

韓国人と国際結婚した日本人の悩みと親の悩みをまとめました。

 

韓国人男性と国際結婚する前に、本当にその人でいいのか再度真剣に考える必要があります。

 

 

親は誰でも、自分の子どもには幸せな結婚をして、幸せな家庭を築いてほしいと思うものです。

 

そのため、子どもが結婚したいと思う相手が自分の考えていたイメージと異なる場合には、やはり一言二言言いたくなるものですし、結婚に反対したくもなるものです。

 

日本人同士の結婚でも、親に反対されてなかなか話がまとまらなったり、親の許可を得ることができずに駆け落ち同然で結婚することになってしまう事はたくさんあります。

 

そう考えると、生まれ育った生活環境だけでなく、言葉も文化もまったく違う外国人と結婚するということは、親の気持ちを考えると、反対するのも当然と言えば当然なのかもしれません。

 

特に、すぐ隣にあって距離的にはもっとも近い国の韓国は、歴史的な事情もあり、反日の人が多かったり、日本でも嫌韓ブームになるなど、本人同士の問題とは関係ない部分でも心配の種が尽きないものです。

 

本人同士が愛し合っていても、周囲から冷たい仕打ちを受けるのではないか、相手側の家族に受け入れられないのではないかなど、親としてはいろいろなことを考えてしまいます。

 

子供の不幸を願う親などいませんし、子どもが不幸になるかもしれないという環境では、間違いを犯して後悔する前に軌道修正しようという親心があるものです。

 

それが、韓国人男性と国際結婚で親に反対される人が多い理由なのです。

 

 

韓国人男性と国際結婚したに本人に聞く! 韓国人男性は「男尊女卑」の考えを持つ人が多い?!

 

 

f:id:francerenai:20150823160720j:plain

 

韓国人と結婚した人の話を聞いたり、ネットの情報を探すと、いい話は1つも見つからないのが本音。

 

彼女たちの言っていることが日本人側から見た感想なので全てそのとおり正しいと決め付けるのは早いですが、やはり韓国人と結婚する時は考えさせられる。

 

一番多い意見は、結婚すると豹変したように「男尊女卑」に韓国人夫が変わってしまうということ。

 

こうなってしまうと、何のために自分が結婚したのか分からなくなってしまいますよね。

別に韓国人でなくてもよかったんではないかと。

 

早めに離婚したほうがいいんじゃないかと・・・。

 

だから韓国人男性と国際結婚する際は、絶対に事前にいろいろな習慣を確かめておくこと。

 

 

自分が納得できないことであればトコトン話し合うこと。

自分が嫌なことを毎日されたら離婚も考えられること等、よく伝えたほうがいい。

 

韓国人の家族の考えは、日本の昭和前の時代の習慣に似ている。

つまりお姑さんの力がいちばん。

 

お姑さんの家族に属するのではなく、「自分の家庭は、新しい韓国人夫と自分の間につくるもの」であると最初からはっきりさせておくこと。

 

お姑さんの家のルールは自分たちには関係ないのである!

 

そうしておかないと、結婚生活でお姑さんのいじめにあったり、結婚することでしなくていい苦労もしょうことになります。

 

言葉も文化も違う二人がいっしょになるのだから、どちらか一方の国の習慣に全てを合わせるのは、論理的ではないと伝えるように。

 

 

韓国人男性は日本人女性を「大和撫子」と勘違い?

 

f:id:francerenai:20150823161755p:plain

 

今でも韓国人男性は、日本人女性は夫の言うことを全て聞き届ける「大和撫子」だということで、結婚を考える人は多い。

 

韓国人女性は欧米化してますからね。

男をたてて家事を全てこなす日本人女性に憧れているんでしょうね。

 

家事を全てこなす人は別に結婚しなくても「家政婦」を雇えばいいだけの話。

 

韓国人と結婚すると、昭和初期時代までの嫁と姑の関係が密になってしまうのが韓国特有。

 

お姑さんと結婚するわけではなく、未来の夫となる人と新しい家庭を築くために国際結婚するわけですから。

 

だから最初からそこのところをトコトン話して、相手に理解をしてもらうまで結婚しないことをおすすめします。

 

そうでないと、結婚してから韓国の姑との関係や、韓国人夫の亭主関白ぶりに結婚したことを後悔します。

 

 

 

f:id:francerenai:20150823163142p:plain

 

日本の親であれば、大切な娘が韓国人男性と結婚する事に対して猛反対するのは当たり前のこと。

 

まずは自分で親を説得するように試みても良いですし、相手を親に合わせて誠実な人柄を親に見てもらうのも効果的です。

 

本人がどんな人なのかを知れば、親も考え方が変わるかもしれませんし、二人のことを応援する立場に変わるかもしれませんよ。

 

お相手が韓国人でも、場合によってはもしかしたらあまり反対されることなく結婚できるかもしれません。

 

しかし、反対されることを想定するなら、親に祝福されて結婚したい人は期間に余裕を持って親の説得を始めることをおすすめします。

 

そして、もしも親が断固反対する場合には、その恋愛はどうするのかも、頭の中でしっかり考えておいた方が良いでしょう。

 

親が許してくれない結婚はあきらめるのか、それとも粘り強く説得し続ける根気があるのか、その気持ちによっても親の説得する意気込みや力の入り方が変わってくるのではないでしょうか。

 

真剣に説得すれば、子供の幸せを願う親なら、きっと理解してくれるはずです。あきらめずに頑張りましょう。


やはり結婚する前とは少し変わってしまいましたが(笑)多かれ少なかれ皆そうでしょう?

 

まず言えることは、なにかと苦労するのは間違いないです。韓国人に限らず外国人と結婚することは簡単なことではないですよ。

 

自尊心をどれだけ捨てられますか?韓国に住めば全て韓国のやり方に合わせなければいけません。

 

あなたにそれだけの覚悟が必要だと念を置いた上で ご結婚されれば うまくいきすよ